Slow Food Yamagata スローフード山形/「食の都 庄内」シンポジウム(三川町)


「食の都 庄内」シンポジウム(三川町)
2007年3月17日、庄内の豊かな食文化を核とした地域づくりの進め方を考えようと「食の都、庄内」づくりシンポジウムが、三川町・なの花ホールで開かれました。庄内の人々中心に約150名が参加、スローフード山形からも理事等12名が出席いたしました。

季刊料理誌「四季の味」編集長の八巻元子さんの基調講演に続き、イタリア・ピエモンテ州で農場民宿を営み、地元の食文化を広く伝えているジョルジョ・チリオさんがアグリツーリズムの事例を発表しました。
2007/03/27 11:27
パネルディスカッションに移り、当会会員で「食の都庄内」の親善大使であるアルケッチァーノの奥田政行シェフ、「四季の味」の八巻元子さん、レストラン欅の総料理長太田政宏さんらによる、意見発表と活動報告が行われました。

奥田氏:庄内を「食の博覧会場」にしたい。畠は食のパビリオンである。
八巻氏:庄内は食材の宝庫。県外に拡売して金儲けをするという短絡的発想がないのが良い。ここへ来て味わって下さいという姿勢が大切。
ジョルジョ氏:ビエモンテ州と庄内は、家族レベルの生産者が多いという事でよく似ている。小生産者は、大手の要求には応えられないが、キメ細かいモノづくりが出来る。
太田氏:庄内DECクラブという料理人の勉強会を立ち上げ、在来野菜の講習会を続けている。
2007/03/27 11:28
発表された皆さん共通する考えは「地元の食材を大切にし、「食の都・庄内」を作り上げるには個人レベルの日常的な営みがスタート。生産者も料理人も生活者も郷土に誇りを持つことが一番重要。ひとりひとりの「あつい情熱」と郷土愛が地域を育てるーというのが結論になりました。(小山 記)
2007/03/27 11:36
当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。当サイトの内容を使用して発生した損害などに関して、直接的、間接的あるいは損害の程度によらず、山形スローフード協会は一切の責任を負いません。
Copyright
SlowFood Yamagata.
All rights reserved.