Slow Food Yamagata スローフード山形/いなごの佃煮


いなごの佃煮
いなごの佃煮 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

いなごの佃煮(いなごのつくだに)とは、バッタの仲間であるイナゴを利用した佃煮。

山形県の内陸部、群馬県、長野県など、海産物が少ない山間部を中心に多く食用とされる。

他にも蜂の子やざざむし、ゲンゴロウなどを佃煮として食べる地方がある。また、イナゴを炒めた「なご炒り」という料理もある。
材料・調理法

主な材料・調理法は以下の通り。

秋に田んぼなどで大量に発生するイナゴを集める。また、イナゴ料理が盛んな地域では、食用としてイナゴの生体が市販されている場合もある。必要に応じて、ギザギザのある後ろ脚を取り除き、ざるにいれて水洗いし、大鍋で長時間熱湯で煮る。醤油や砂糖などの調味料を加え、更に数時間煮続けることで佃煮となる。

イナゴに限らず昆虫を材料とした料理は、好き嫌いが分かれる。高齢者や低年齢者で熱烈な愛好者がいる一方、「昆虫を食べる」という文化をあまり知らない若年層には嫌われがちである。
2006/10/08 00:03
当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。当サイトの内容を使用して発生した損害などに関して、直接的、間接的あるいは損害の程度によらず、山形スローフード協会は一切の責任を負いません。
Copyright
SlowFood Yamagata.
All rights reserved.