Slow Food Yamagata スローフード山形/置賜まぼろしの在来種「馬のかみしめ」試食会


置賜まぼろしの在来種「馬のかみしめ」試食会
去る10月2日、長井市のタスにて、置賜まぼろしの在来種と言われる「馬のかみしめ」の試食会が開かれました。
県内では「だだちゃ豆」を含めて2つしかない貴重な枝豆の在来種ということで、報道陣をはじめ、多くの方が訪れました。
写真は大豆の状態。
よく見ると、馬の奥歯で噛んだような模様があります。

かつては長井市や川西町で盛んに栽培された在来種で、時代の流れとともにほとんど栽培されなくなったまぼろしの枝豆です。
2006/10/07 12:24:staff
このまぼろしの在来種を復活させたのは、
スローフード会員でもある遠藤孝太郎氏をはじめとした農家グループの方々。
2006/10/07 12:28:staff
小山理事長もかけつけ、ご挨拶しました。
2006/10/07 12:29:staff
県内の報道カメラも多く入り、また興味を持った多くの方々がこの珍しい枝豆の味を楽しみました。
2006/10/07 12:32:staff
当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。当サイトの内容を使用して発生した損害などに関して、直接的、間接的あるいは損害の程度によらず、山形スローフード協会は一切の責任を負いません。
Copyright
SlowFood Yamagata.
All rights reserved.