Slow Food Yamagata スローフード山形/おみ漬け〜山形の秋の代表的なお漬物


おみ漬け〜山形の秋の代表的なお漬物
おみ漬けは、青菜漬(せいさいづけ)と並ぶ山形の秋の代表的なお漬物です。余った野菜などを無駄にしない手法として、近江商人が伝えたことから、近江漬け(おうみづけ)、、おみ漬け、、と呼ばれるようになったという説があります。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』おみ漬け

主な材料、調理法は以下の通り。 清菜(せいさい)、細かく切り、適当な大きさに切った大根、唐芋(からいも)、人参、紫蘇の実などといっしょに樽にいれる。塩、砂糖、酒などで漬ける。

盛り付けの際に、好みに応じて、適宜、少量の醤油を掛けて食べる。 なお、派生調理法として、納豆に対し半分程度のおみ漬けを混ぜた「おみ漬け納豆」や、煮物の具材として利用する方法などがある。

当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。当サイトの内容を使用して発生した損害などに関して、直接的、間接的あるいは損害の程度によらず、山形スローフード協会は一切の責任を負いません。
Copyright
SlowFood Yamagata.
All rights reserved.