Slow Food Yamagata スローフード山形/【スローフード料理講座】山形のヌーボー「ほいりげ」を飲んだことがありますか?


【スローフード料理講座】山形のヌーボー「ほいりげ」を飲んだことがありますか?
いよいよ冬ですねー。

今回のスローフード料理講座は、山形のヌーボー「ほいりげ」を飲んだことがありますか?でした。

この季節限定の素晴らしい紅色のロゼワインを、私は毎年楽しみにしています。
今回はヌーボーをつくっているスローフード会員でもあるトラヤワイナリーの
大泉奈緒子さんが来て下り、お酒とワインのお話をして下さいました。



寿虎屋でワインを作るようになったのは、昭和46年頃。
当時の知事さんからの一言「サクランボのワインを・・・」。 
それから10年後、本格的に西川町でワインつくりを始めたそうです。

現在も、磯部理念の基で、スローフードの理念と同じ
「地元の食材・地元の人々・地元に伝わる作り方」で
お酒とワインをつくっています。

正真正銘国産のワインは10%しかない・・とのお話に、愕然としました。

その他、[ワインとは、何ぞや][ワインの作り方][ワインの多様性]等々、
沢山教えて下さいました。

サクランボのジャムをクラッカーに付けたのを肴に、
車を使わない方は試飲もしました。

参加者のみなさんは、ほいりげを1本手に提げて、フォーラムを後にしました。
きっと、いま頃、家族とグラスを傾けていることでしょう。

今年のほいりげは、これまでよりも甘みが強いように感じられました。
奈緒子さんのお話で、おもしろかったのは、
「酵母が、ブドウを食べて、ゲップをする。」です。
賢明なみなさんは、何のことかわかりますよね!


2010/12/19 11:19 (C) 岡田のノート
当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。当サイトの内容を使用して発生した損害などに関して、直接的、間接的あるいは損害の程度によらず、山形スローフード協会は一切の責任を負いません。
Copyright
SlowFood Yamagata.
All rights reserved.