Slow Food Yamagata スローフード山形/第3回「やまがたの食卓」交流会を開催しました


第3回「やまがたの食卓」交流会を開催しました
「やまがたの食卓」から、安心して食べることが出来る
食情報発信のムーブメントを拡げようという趣旨のもと、
先日の11月27日(土)第3回「やまがたの食卓」交流会を開催しました。
  
今回は、甚五右衛門芋の生産者の佐藤春樹さん、
山菜屋ドットコムの遠藤初子さんに講演いただき、
消費者さまとの交流を交わしました。



佐藤さんの家に室町時代から続いてきた教えは
「たとえ凶作が続いても、味噌とこの芋は絶やすな」。
福禄寿(ちょうれんず)芋を守ってきたが、
この芋は、現在佐藤家にしか残っていないのだそうです。

大昔のじいちゃんの名前[甚五右衛門いも] と、一般に呼ばれている。  
春樹さんは、祖父の跡を継いで甚五右衛門芋・豆・さわのはな米などを作ることを決心。

現在は「森の家」という会社組織にして、
青山マルシェに出店したり、インターネット販売したりして
がんばっているそうです。



一方遠藤さんは、月山山麓で地元の人が採った山菜を
インターネット販売しています。



こだわりは、生鮮山菜であること。
栽培ものよりも山から採集したものであること。
しかし、高齢が進んだために「採り手さん」が採る効率が悪くなってきているとのこと。



山菜の食べ方の普及や、在来作物と家庭を結ぶことで、
山形の美味しい食卓を全国に届けていきたいと意欲的でした。





当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。当サイトの内容を使用して発生した損害などに関して、直接的、間接的あるいは損害の程度によらず、山形スローフード協会は一切の責任を負いません。
Copyright
SlowFood Yamagata.
All rights reserved.