Slow Food Yamagata スローフード山形/山形の在来作物の本、第2巻がでました!!


山形の在来作物の本、第2巻がでました!!
489KB - PDF ダウンロード

「おしゃべりな畑」(山形大学出版会、1500円税込)が1月21日に刊行されました。
表紙は東海林晴哉さんの写真で、真室川町に伝わる甚五右衛門芋というサトイモ。

山形在来作物研究会は2007年に「どこかの畑の片すみで」を発刊しましたが、今回の本はその続編に当たります。前巻が「在来作物とは何か」についての解説が中心だったのに対し、今回は「在来作物のこれから」を中心に語っています。

主な内容
■在来作物についてのお話
■畑の中の座談会
■山形在来作物事典
■畑のルポ
 1よみがえる在来作物「宝谷カブと宝谷かぶ主の会」

 2新・在来作物事情「地域の在来作物を継承するには」
  山形県の在来作物の現状
  よみがえる在来野菜とその背景
  在来作物の継承に必要なこと

 3最上カブ紀行「昔話とカブのある暮らし」
  最上のカブとの出会い
  馬鹿婿のムカシ語り
  カブとともに生きる暮らし

■山形県内の在来作物の種類と分布
■山形県内の在来作物全157品目のリスト
■山形在来作物研究会の活動
■索引

入手方法
1.山形大学出版会に直接(送料と振り込み料が別途かかります)PDF参照
2.山形県内の書店で購入
3.全国の最寄りの書店から注文

2010/01/22 11:11 (C) 山形在来作物研究会
当サイトに掲載されている情報は著作権法により保護されています。権利者の許可を得ることなく第三者に譲渡、販売、コピーなどをすることは禁じられています。当サイトの内容を使用して発生した損害などに関して、直接的、間接的あるいは損害の程度によらず、山形スローフード協会は一切の責任を負いません。
Copyright
SlowFood Yamagata.
All rights reserved.